巴旦杏

毎日ひとつだけ何かを更新するブログ(予定)

201606091759

f:id:hatankyou:20160609183152j:image
わっぱ

お昼ご飯はお弁当を食べます
大体野菜だけで構成されるのですが別にベジタリアンと云う訳ではない

学生の時分はプラスチックのものを用いていましたが
プラスチック製品と油分との親和性が異様に高いことに閉口していたことと、
あちこちで木のお弁当箱はご飯が美味しいと云う殺文句を聴いて過ごしていたことで
次の弁当箱をもし買うのなら木の、漆のが良いなあ
などとぼんやり考えていたのでした
そのうちに節約生活を半強制的に送ることになり
手っ取り早いのは食費の削減ですので
昼ご飯は必然的にお弁当となる訳です

意外と探すとなかなかないもので
木のものはあってもウレタン塗装だったり
大きすぎたりして希望のものは見つかりませんで
因みに白木のものは家事スキルが上がってからと決めていたのでアウト・オブ・眼中
ここなら八割方あるよと聞いて行った谷中松野屋さんでようやく見つけたのでした

すり漆で仕上げられたひのきのお弁当箱です
蓋はさわら製らしい
通からすれば初心者向けかも知れないけれど由緒正しいお弁当箱です
大きさは男性には物足りず、女性には丁度良いくらい
中に仕切りも付いています
触り心地が抜群に良い
使い続けてみて最近味も出てきた様な気がする
食べたら直ぐに洗わないといけなかったり
つけ置き禁止だったり
洗ったら直ぐに拭かないといけなかったりしますが
ご飯が何となく美味しい気もする
ベチャリとならない
あと、詰めた時の印象もそこはかとなく良い気がします
特に野菜との相性が良い気がする、主に根菜

壊れたり漆がはげたりしたら直せるようですが
引越しのドサクサに紛れて案内書を捨ててしまったので
やってもらえるかどうかは不明です
壊さないように丁寧に使って行く所存です
広告を非表示にする