巴旦杏

毎日ひとつだけ何かを更新するブログ(予定)

201606092235

ベルリン交響楽団のコンサートへ行って参りました

音が生き物みたいでした

表情豊かに動いてるみたいな

一言で云うと大変素晴らしかったです

 

オーケストラのコンサートは実は初めて行くのですが

初心者にも親しみやすいプログラムでした

惜しくらむはもう少し演奏曲を聴き込んで参加すれば良かったなあと

曲が終わると同時に間髪入れず、絶妙なタイミングで拍手と賛辞を贈る方がいて

羨ましいな、と感じた次第です

 

一体となった音の響きは当然として

曲の盛り上がりの前の溜めというのが

意味は違うけど嵐の前の静けさと云うか

公共の場だから強いて平静保って涼しい顔してるけど

早足で家着いてドア閉めたら即刻小躍りしだすみたいな

とにかく抑えた後の一気に華やかに、荘厳に響き渡るのが本当に素敵で

耳が悦ぶとは良く云いますが、

こう云う事かあーと

 

ソリストの奏でるチャイコフスキーは、高音の余韻がとても綺麗でした

主メロディー?が特に

ヴァイオリンって凄い

エルガーチャイコフスキーも素敵でしたが

ドヴォルザークは特にドラマチックで好きでした

 

アンコールに素人ながら本場の空気を感じました

本当に良い体験をしました

広告を非表示にする