巴旦杏

毎日ひとつだけ何かを更新するブログ(予定)

2018090112349

帰ってきたヒトラー を 観てきました

ドキュメンタリーちっくですねと思っていたらセミドキュメンタリーだったんですね

コメディだと思って観に行ったのにえらい目にあった

冒頭からなかなかブラックで

初っ端から能天気に笑っていた訳ですが

最終的に笑えなくなりました

現実に近いフィクション

現情勢が急速に傾いて行っているように思えるこの頃ですし

大きく間違ったことは云っていないのだ彼は

好機到来だ、と悪いことばかりではなかった、と云うセリフに震えました

 

ドイツネタと第三帝国トリビアは学生時代にしこたま叩き込まれたので不自由しませんでした

知ってると知らないとではかなり違うのではなかろうか

メッセージ性の強い映画ですが、しかしアレをよくドイツで撮ったなと

インタビューを読みましたが撮影時は好意的な方が多かったようですね

それにしてもヒトラー役の俳優さんの演技に拍手です

何にかって動きに

話している?演説している?時の動きがそのもののようですよ

恐らくああいうのが一番ムツカシイのではないか知らん

ヒトラーの演説と是非見比べて頂きたい

 

ところで原作は読んでいませんが

原作の方が細かくて背景等が解りやすい様です

や、当たり前か

 

兎に角、暇があって興味のある方にはお勧めしたい

笑っていたのを後悔できる映画です

広告を非表示にする